南淡中学校

全校集会より
カテゴリ:学校行事


校長先生からボランティア活動に対してのお礼と「日進月歩」「不易流行」の話がありました。


生徒会専門委員長から今月の目標と取組みについての発表がありました。この体験を通して、全校生にを前にしたときどのように話したり伝えたりすればよいか学んでください。


人権作文への取組みが評価され法務省と全国人権擁護委員連合会より南淡中学校に対し感謝状が届きました。生徒を代表して生徒会長が感謝状を受け取りました。


1月18、19日に淡路中学校バレーボール優勝大会が開催されました。結果は準優勝で2月におこなわれる県大会出場への切符を手に入れることができました。近畿大会をめざし、県大会頑張れ!


1月18日に三原健康広場体育館において全淡中学校高等学校剣道優勝大会が開催されました。女子個人の部で2年生近藤さん、1年生木本さんが共に準優勝という結果を収めることができました。おめでとう。


昨年末12月29日に愛知県で愛知真和学園創立記念大会(柔道)が開催されました。女子個人の部で2年生稲井さんが見事優勝することができました。おめでとう。

 

 全校集会

 

校長先生から3つお話がありました。

●1月11〜13日におこなわれた鹿の子の坂を綺麗に清掃してくれたボランティア活動に対してお礼のことばがありました。

その綺麗になった鹿の子の坂。以前、本校の生徒が猪と接触するという事故がありました。その後、南あわじ市が超音波を流すなどの対策を講じてくれています。それでも万が一猪と遭遇したら、猪を挑発し興奮させることなく静かにその場を立ち去る等の話がありました。

●日進月歩

一昔前、海外旅行をしたときは本を片手に詳しく読んで知識を得、旅行した。今は、タブレットひとつあれば飛行機の搭乗、出入国などでも待ち時間なくスムーズにおこなえる。また、タブレットに目的地をいれるとだけで順路など細かく案内してくれる。時代は大きくかわった。AIの台頭によりもの凄い勢いで世の中が進み変化している。そのような時代を生き抜くために、南中生には学習を通して知識だけを得るのではなく、その得た知識をいかに活用し、問題を解決していくか考えることがこれから生きていく上で重要であることを知って欲しい。時代はどんどん変わっていくのだから。

●不易流行

海外を旅行していた際、目的地に電車で移動している途中、自分の向いの席に中学生らしき子ども(外国人)が3人座った。その子たちは大きな声で楽しそうに喋っていた。しかし、私にとっては五月蠅かった。自分たちだけ、一部の人たちだけが楽しいだけでは駄目で、周りの人や全員が楽しく気持ち良く過ごせなくてはいけない。これは学校生活においても言えることである。

時代がどんなに変わっても人として変わってはいけない部分である。

常に周りの人のことを考え、人のために行動できる南中生になって欲しい。

 

生徒指導の先生からSNSの使い方について話がありました。

SNSは大変便利だ。色々な人と繋がることができる。しかし、使い方を間違えると命の危険にさらされる事件に巻き込まれることもある。また、たくさんの人と情報を共有できるが、その際、人を不愉快にさせたり、取り返しのつかない情報を漏洩したり、気をつけなければいけない。

 

ご家庭でもぜひSNSの使い方などのモラル等について、是非お話、指導をしてください。お願いします。

 

 


次へ
戻る
一覧へ
TOPに戻る