湊小学校 『自立』?こころ豊かに、たくましく?

校外学習!5・6年生
カテゴリ:湊小だより


















 9月30日(水)に、5・6年生が校外学習で湊漁協を訪れました。

 これは、社会科で日本の水産業について学ぶとともに、総合的な学習で、湊地区の未来について考える機会として、2年に1度実施している取り組みです。

 最初に、実際に作業をしている現場へ行きました。船から魚を水揚げしているところや、魚を手作業で選別しているところを見学しました。

 その後、湊漁協の2階の一室で、湊っ子が事前に用意した質問事項について、湊漁協組合長さんに答えていただきました。

 湊では、様々な種類の魚がとれることや、定置網漁や刺し網漁などの漁の仕方、捕れた魚のほとんどが、すぐに東京(豊洲市場)に輸送されること、漁師さんのが朝早くから漁に出ていることなど、魚業一般についても学びました。

 質問の中で「今まで捕れた魚で一番大きかったものは?」があり、組合長さん自身が、10メートルぐらいのホオジロザメを湊漁協に運んだことを伝えると、映画「ジョーズ」さながらの大きさに、湊っ子は目を丸くしていました。

 今回の学習で、湊っ子が地域の産業を知り、地域を支える人材になることを願うばかりです。


次へ
戻る
一覧へ
TOPに戻る