部活壮行会1 
「最高の仲間と最幸の時間を」山川校長より
部活壮行会1 
「最高の仲間と最幸の時間を」山川校長より
部活壮行会2
各部のキャプテンからの決意表明
部活壮行会2
各部のキャプテンからの決意表明
部活壮行会3
各部のキャプテンからの決意表明
部活壮行会3
各部のキャプテンからの決意表明
佐藤先生から3年生に向けたエール
佐藤先生から3年生に向けたエール
部活参観1
部活参観1
部活参観2
部活参観2
部活懇談会
部活懇談会
PTA研修部による心肺蘇生法の研修会1
PTA研修部による心肺蘇生法の研修会1
PTA研修部による心肺蘇生法の研修会2
PTA研修部による心肺蘇生法の研修会2

 

1部活壮行会

 

 淡路総体が7月3日から始まります。3年生の生徒たちにとって、中学校生活最後の淡路総体。昨日、淡路総体に向け壮行会が行われました。「全国大会を目指す部、県大会出場を目指す部、今までやってきたことに対して悔いが残らない活動を目指す部」等各部のキャプテンが部員の代表として決意を述べました。 

     続いて山川校長からもエールとして、自分が中学生の頃、部活動で体験された思いを語られました。 

(1)準備(練習・体調)が最も大切

   「何の練習なのか考える」

   「当日までの体調管理を万全にする」

(2)最後まで全力

     どんな試合展開になるかわからない。

   強い相手であっても最後まで全力で

   戦う。

           もしも勝てそうな相手であっても全

     力で戦う。

     どのような相手であってもひるまず

     臆せず最後まで戦う  

     姿が後輩にとっての「かっこいい先

     輩」姿になる。

    それは自分自身の成長の証ともなる

    はずだ。

3)最高の仲間と最幸の時間を

     これから先、今のメンバーで試合

   をすることは ありません。練習も

   含めて、仲間と一緒に真剣にそし

   て、楽しく、試合(コンクール、

   公演等) 臨んでほしい。

 

南中生の活躍を応援しています。

 

2部活懇談会及び懇談会

 

昨日、部活参観及び懇談会が行われました。保護者の皆様にはお忙しい中、ご参加いただき、誠にありがとうございました。淡路総体に向けた応援等についても各部から説明が あったかと思います。特に3年生の保護者の皆様、時間が許す限り、お子様が活動する姿を応援してあげてください。お子様が照れて「試合を観に来るな」等、口でなんと言おうと、親が見に来てくれたことは、将来きっとお子様の思い出として心に残るはずです。また、お仕事等の関係で試合に応援行くことができないこともあるかと思います。その際は、お子様が試合等に出かける時に、「頑張って(顔晴って)おいで」とひと言ことばをかけて送り出してあげてください。お子様も頑張って(顔晴って)くると思います。

 

3PTA研修部「心肺蘇生法」研修会

 

部活参観が終了後、PTA研修部による「心肺

蘇生法」の研修会がありました。南あわじ広域

消防署職員の指導の下、研修部の方々がAED

使い方、胸骨圧迫等について研修されました。

胸骨圧迫のキーワード「強く・速く・絶え間な

です。

また、かつての心肺蘇生ではありませんでした

が、現在新型コロナウイルスが猛威を振るって

いる状況なので、コロナ禍での心肺蘇生法の留

意点も新たに教わりました。

日常生活に於いて、私たちはいつ心肺蘇生が必

要な場面に遭遇することがあるかもしれません。

そのとき、このような研修(訓練)を数多く経

験をしておくことが人の命を救うことに繋がり

ます。今後、このような機会を設けていきたい

と思います。 

最後になりましたが、PTA研修部のみなさん、

研修にご参加いただきありがとうございました。

 
鈴木先生の研究授業。3週間で学んだことが活かせましたか。
鈴木先生の研究授業。3週間で学んだことが活かせましたか。
1年生に所属していた鈴木先生。1年生との思いではたくさんできましたか。
1年生に所属していた鈴木先生。1年生との思いではたくさんできましたか。

 7月の行事予定

 

 1日(木)卒業アルバム写真(部活写真)

         美術・郷芸・男女卓球・男バスケ

       PTA広報委員会 19:00 

  2日(金)卒業アルバム写真(予備日)

  3日(土)淡路中学校総合体育大会

      (野球)

  4日(日)淡路中学校総合体育大会

      (野球)

       ノー部活

  5日(月)授業見学ウィーク(~9日)

       生徒会専門委員会

       LSBいじめアンケート

       1年生人形浄瑠璃体験

       SC、SSW勤務日 

  6日(火)生徒会中央委員会

  7日(水)ノー部活

  9日(金)LSB学級討論会

 10日(土)淡路中学校総合体育大会

      (野球、バレー、バスケ、

       卓球、陸上、サッカー、

       テニス団、柔道)

 11日(日)淡路中学校総合体育大会

      (野球、バレー、バスケ、

       陸上、テニス個、剣道)

       ノー部活

 12日(月)SC、SSW勤務日

 14日(水)全校集会、職員会議

       ノー部活 

 15日(木)夏の交通事故防止運動

      (~24日)

 16日(金)防災・安全の日

 17日(土)淡路中学校総合体育大会

      (サッカー)

 18日(日)ノー部活

 19日(月)大掃除

       SC、SSW勤務日

 20日(火)1学期終業式

 21日(水)夏季休業日(~8月31日) 

       防災市内生徒会オンライン会議

       ノー部活

 22日(木)海の日

 23日(金)スポーツの日

 25日(日)県中学校総合体育大会

      (~30日)

       県吹奏楽コンクール

           淡路地区大会

 28日(水)ノー部活

 29日(木)三者懇談

 30日(金)三者懇談

 

〈8月〉 

 1日(日)ノー部活

 2日(月)三者懇談

 3日(火)三者懇談

 4日(水)ノー部活

10日(火)学校閉庁日(~13日)

      学校閉庁日期間ノー部活

17日(火)オープンハイスクール

      (~20日)

20日(金)避難所運営ワークショップ

        研修会

21日(土)南あわじ市ソフトテニス

      新人大会 

20日(日)ノー部活

 

※ 行事予定の変更等がありましたら、あんしんネット、紙媒体等でお知らせいたします。 

 

 大会結果   

       

 淡路中学校選手権大会陸上競技大会

  【男子走り高跳び】   1位 前田 選手 

  【女子100mハードル】1位 谷中 選手

 

  南あわじ市総合体育大会

  【野球】     2位

  【バレー】    1位

  【男子バスケ】  2位

  【男子テニス団体】2位

  【男子剣道】   2位

  【卓球】

   男子 1位 中島選手

      2位 藤原選手

      3位 沖選手、松田選手

     女子 1位 山口選手

      2位 増井選手

      3位 里村選手

  【柔道】  1位 椋本選手

      2位 野元選手

      3位 岩本選手、佐藤選手

  【剣道】 

    女子  3位 居神選手  

 

 教育実習が無事終了 

 

5月31日から始まった教育実習。本校出身の鈴木先生が3週間の教育実習を無事終えました。教育の現場をどのように感じたでしょうか。

今、教育は大きな過渡期を迎えています。そんな中で教師を目指すという志を持ち、実習に臨んだ鈴木先生。これから先生になり、自律した生徒の育成に力を注いでくれることでしょう。職員一同応援しています。

鈴木先生、3週間の実習、お疲れ様でした。

   

6月の全校集会 【学校行事】 2021-06-16 20:10 UP!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 6月の全校集会

 

本日、6月の全校集会がありました。山川校長から次のような内容の話がありました。

 

2年前、南あわじ市の防災ジュニアリーダーと一緒に東北ボランティアに参加した。その際、元中学校教員で東日本大震災でご自身が被災した体験を語り部として活動されている佐藤敏郎さんと出会い、佐藤さんのことば、考え方等に心を動かされた。

佐藤さんは大川小学校に通っていた6年生の次女を津波で亡くされたそうで、どうして助けられなかったのか、今でも自問自答しておられる。佐藤さんは、「今、自分にできることは、少しでも多くの方に防災に関する意識を高めてもらうために、後生の人たちに教訓を伝えいかすことだ。」と語り部として活動されている。

 

丁度2年前、南あわじ市の防災ジュニアリーダーとして本校2年生の天野さん、尾上さん、田村さんも東北で佐藤さんの話を聞いたり、被災地を視察したりしていた。この3名の生徒たちは被災地を目の当たりにして、そのとき(小6)に次のような感想を持ったそうだ。その感想を全校生に伝えた。

 

・天野「大川小学校が印象に残っている。マニュアル通りに逃げたのに命を落とした人がたくさんいる。だから、もし大地震が起こっても、予想を信じすぎず、もっと安全な場所に逃げるよう声を出し、命をたくさん救っていきたいと思った。 」

 

・尾上「地震の悲惨さと悲しさを改めて知った。あおい地区の人々の絆の強さを知ることができた。」

 

・田村「被災地に行けたことで地震の怖さを知り、生きていくことの大切さを 知ることができた。」

 

佐藤さんのことば

●大切なのは判断行動

●防災とはみんなで助かる未来を想像すること 

 

東日本大震災を体験した中学生の俳句

「逢いたくて でも会えなくて 逢いたくて」

「ありがとう 今度は私が頑張るね」

「戻ってこい 秋刀魚の背中に乗ってこい」

 

最後に山川校長が、「今年から、1、17(阪神淡路大震災)の17をとって、『毎月17日を南淡中学校の安全・防災の日』とし、みんなで防災を考えていこう」とことばを投げかけました。

 

生徒指導の先生から交通についてのような話がありました。

4月から事故が数件ありました。先日も大きな事故がありました。何より命に別状がなかったことが本当によかったです。

警察の方がおしゃっていました。「たまたま命が助かったわけではない。あるものをしっかりと身につけていたから命が守られた」と。

それはヘルメットを正しく身につけていた、顎紐をしっかりととめられていたから、命が守られた。」と。

皆さんも自分の命を守る行動をとってください

また、横断歩道や通学路を通ることも命を守ることになります。安全に配慮されているのが通学路となっています。車の運転手は特に横断歩道を気にして運転しています。横断歩道を渡ることが自分の命を守ることに繋がります。

ルールは命を守るための知恵であり、皆さんを苦しめるものではないのです。もし、友だちが交通ルールを守っていなかったら、注意し合ってください。それが友だちの命を守ることになるのです

皆さんに命を守ってもらいたい、大切にして貰いたいということをわかって貰うために、私たち教師は口うるさく言います。みんなで命を守りましょう。

 

本日、そして来週も期末考査があります。全校生が一斉に下校します。スピードを出しすぎず、横並びにならず、お互いに命を守りながら登下校していきましょう。

 

命の大切さを再認識させられる全校集会でした。

よろしければ、今日の全校集会の内容についてご家庭でもお子様とお話をしてみてください。

 

 

 

 

教育実習が始まっています 【学校行事】 2021-06-09 19:40 UP!

教育自習生の鈴木先生です。実習生一人ですが、頑張れ!
教育自習生の鈴木先生です。実習生一人ですが、頑張れ!
授業風景1
授業風景1
授業風景2
授業風景2
授業風景3
授業風景3
南あわじ市の事業である「おもいやりポイント」のボランティアで本校にもボランティアの方が1名来てくださっています。その方のお陰で校門に綺麗な花が咲いています。
南あわじ市の事業である「おもいやりポイント」のボランティアで本校にもボランティアの方が1名来てくださっています。その方のお陰で校門に綺麗な花が咲いています。

 教育実習が始まっています

 

 

5月31日(月)~6月18日(金)迄の3週間、本校卒業生の鈴木先生が教育実習を行います。実習が始まって1週間が経ちました。少し実習に慣れてきたように思います。教科は1年生の社会科で、1年3組の学級で担任としての経験を積んでいます。また、部活動は女子バスケットボールで指導の仕方を学んでいます。

数年前は中学生として南淡中学校で生活をしていましたが、この3週間は教師として南淡中学校で生活することになります。教育現場の最前線で人を育てることの大切さを学んで実習を終えて欲しいと願っています。

今から授業や学級担任を任されることが多くなるかと思います。若さを活かし元気にそして生徒たちに夢と希望を与えてください。