• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  学校行事

南淡中学校体育会 【学校行事】 2021-09-24 19:30 UP!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 南淡中学校体育会

 

The best time with friend

  ~  最の仲間と 最の時間を ~

 

 

9月11日(土)。今年度の体育会は、緊急事態宣言下で行いました。そのため、保護者の方々、来賓の皆様の参観を遠慮していただき、無観客での実施となりました。昨年度に引き続き、規模を縮小しての体育会でありましたが、学級対抗の種目を増やすなど、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めながら、生徒たちに少しでも思い出に残る体育会を目指しました。以下は3年生の生徒たちの感想です。ご一読ください。

 

●コロナ禍の中で競技数も少なかったけれど、今出せる最大のものは出せたかなと思っています。一昨年よりも競技数は増えたけど、その分デモストの歩く距離が30mにまで減った中、30mに思いを込めて歩くことが出来ました。競技も楽しかったし、今年中学校生活最後の年に体育会が出来て本当に良かったです。

 

●一生懸命クラスのために頑張るのは、とても素晴らしいことだなあと思いました。うちのクラスは、チームワークはありませんが、みんなが応援する声はとても温かったです。あと、残り少ない行事ではありますが、クラスのいいところを生かしていい思い出をつくりたいです。

 

●どんな状況でも、みんなで作り上げたものを見たときの達成感は素晴らしいです。はじめは不安もあったけれど、終わった時にみんなが笑顔になっていて、なんだんかとても嬉しかったです。

 

●用具係をするのは、小学校の時も含めて初めてでした。なので、ここまで裏方の仕事が大変だとは思っていませんでした。なかなかこのような機会がなかったので、今回、裏方の仕事ができて結果的には良かったです。5日間続いた筋肉痛が、仕事の大変さを物語っています。

 

3年生にとっては中学校生活最後の体育会。コロナ禍で一昨年前までのような体育会は出来なかったけれど、今、出来る活動の中で精一杯活動できた様子がうかがえます。これからも皆さんはコロナ禍の中で生活をしなくてはなりません。今回の体育会は、色々な制限下でいかに楽しく、有意義な生活を送るかを考えるいい学びの機会であったと思います。今後の生活に生かしていきましょう。

 

保護者の皆様、体育会におきましてご理解、ご協力を賜り,誠にありがとうございました。

ここに無事体育会を終えることができましたことを報告させていただきます。

職員一同、すべての方々に心より感謝申し上げます。

なお、体育会の映像につきましては、ただ今編集中ですので、今、暫くお待ちください。編集が終わり次第、ご連絡差し上げます。

今後とも、本校の教育活動にご支援賜りますようお願い致します。

 

1年生、高齢者疑似体験を実施 【学校行事】 2021-09-21 17:30 UP!

南あわじ市社会福祉協議会の職員の方々をお招きし、高齢者疑似体験をさせていただきました。
南あわじ市社会福祉協議会の職員の方々をお招きし、高齢者疑似体験をさせていただきました。
高齢者疑似体験1
高齢者疑似体験1
高齢者疑似体験2
高齢者疑似体験2
高齢者疑似体験3
高齢者疑似体験3
高齢者疑似体験4
高齢者疑似体験4
南あわじ市をよくするしくみ
南あわじ市をよくするしくみ

 高齢者疑似体験

9月20日(月)は敬老の日でした。敬老の日は「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としているそうです。南淡中生の皆さんは自分の身の回りのお年寄りの方々に何か自分が出来る範囲内でお祝いをしましたか。

さて、年を重ねると体のいたるところに不調をきたすようになってきます。若い皆さんには、その不調を理解することは難しいかもしれません。

そこで、9月15日、本校の1年生が人権学習の一環として、南あわじ市社会福祉協議会の職員の方をお招きし、高齢者の疑似装具を身につけ、高齢者疑似体験をさせていただきました。

以下はそのときの感想です。

 

●自分の体がとても重く歩きにくかったです。道で見かけるおばあちゃんやおじいちゃんに歩き方が似ていて、これでいつも過ごしているのだと思うと、とても大変だと思いました。私が一番大変だったのは腰が曲がっていて歩けなかったことです。そこまで歩くのにも時間がかかりました。体験して大変だとより知ることが出来たので、近所のお年寄りが困っていたらお手伝いをしようと思いました。

 

●老人の方はただでさえ体が弱くなっているのに、負担が凄いなと思いました。私は体験していないけれど、周りの人とか見ても「歩けない」なんていう人がいたので、自分たちは体が丈夫なはずだけど、そのくらい体にダメージがあるということは、体の弱い老人の方などは、もっと大変だということがわかりました。そんな高齢者の方が、少しでも楽に生きられたら、人権のある社会になるだろうと思うから、手伝ったり、今まで以上にできるはずだからしてあげたい。

 

●とても重たくて、こけそうになりました。耳は聞こえにくくて、目も見えにくくなっていて、とても変な感じがしました。「もしも、私が認知症や病気になったときにどうするか」とか初めて考えました。あと、「もしも身近に障害者を持った方や高齢の方がいたら、どう接するか」も考えました。もっと、色々な体験をして、色々なことを知っていきたいと思いました。

 

1年生の皆さんは、この体験を通して色々なことを感じたようです。この体験を生かし、誰もが気持ち良く、安心して暮らせる社会づくりに貢献していきましょう。

2学期が始まりました 【学校行事】 2021-09-01 19:35 UP!

リモートによる始業式。
山川校長からのお話です。
リモートによる始業式。
山川校長からのお話です。
リモートによる始業式
新しく導入された電子黒板に映像が映し出されています。
リモートによる始業式
新しく導入された電子黒板に映像が映し出されています。
2学期から電子黒板が導入されました。学びの幅が広がりそうです。
2学期から電子黒板が導入されました。学びの幅が広がりそうです。

 2学期が始まりました

 

2学期始業式(学校長式辞より) 

 

 2学期が本日からスタートします。ぜひ全校生が集まって、新たなスタートを切りたかったのですが、現在の感染状況を踏まえ、感染リスクを少しでも下げるために、リモート集会としました。このことについては、後ほどお話しします。

  

まずは部活動についてです。この後、表彰も行いますが、夏休み前から、各部での集大成として、最後の総体・コンクール等に向けて、取り組んできたことと思います。県大会出場が叶ったところもあれば、叶わなかったこところもあります。また、県大会へ行っても目指していた結果を得られなかったところもありました。結果も大事ですが、目標を目指してがんばってきたその過程で仲間と努力してきたことを大事にして欲しいと思いますそれはみなさんが成長していく上での大きな財産となるはずです。合い言葉として贈った「最高の仲間と最幸の時間を」にはそういう意味も込めています。

  

1学期終業式では、自律の夏にしようということ、オリンピック・パラリンピックに注目すること、この夏はこれをがんばったと心に残る思い出を作ろうということなどを話しました。

 みなさんはオリンピック・パラリンピックどの金メダリストのエピソードが心に残っていますか。 

私が一番印象に残ったのは、実は、女子バスケットボールの銀メダルです。日本チームは、オリンピック7連覇を目指すアメリカを本気で倒そうと、かつてないほどの猛練習をして大会に臨みました。全員が良く走り、次々と3ポイントシュートを決めるプレースタイルはこの日本チームでしかできない戦術でした。そのチームを率いたホバースHCは次のように褒め称えています。

 

スーパースターはいないが、スーパーチームだ

  

 いい言葉ですね。この言葉を聞いて、みなさんの部活動も、あるいは各クラスも、そんな団結力のある「スーパーチーム」になってほしいなと思いました。

 

  最後に、これからの学校生活についてです。8月20日から、兵庫県も緊急事態宣言が出され、今のところ、9月12日までその期間となっています。そのため、今週に入って、一部を除いて部活動が休止になっています。いわゆるデルタ株の感染力は今までとは違い遙かに強く、淡路島地域でも連日十数名の感染者が出ています。4月の時とは明らかに状況が違うため、このようなリモート集会からのスタートとなりました。

 

しかし、コロナ禍であっても令和3年度はこの1年限りです。みなさんにとってかけがえのないこの1年間の学校生活をできる限り充実したものにしてほしいという強い思いが先生方にはありますですから、可能な限り予定した学校行事や授業は行っていきますが、どうしても感染防止対策は1学期以上に厳しくしなければなりません。「三密の回避」「マスクの着用」「手洗い消毒」などを今まで以上にきっちりと行って、まずはみなさんが感染したり、濃厚接触者になったりしないようにしましょう。

 

それでも、私たち以上に厳重に対策をしているはずのオリンピック選手や甲子園に出場した選手が感染してしまったことも報道されていたように、よほど気を付けていても感染してしまうことがあるのが今の状況です。この話をしている私が明日感染するかもしれません。ですから、みなさん自身や同居している家族が、発熱や風邪症状があった場合、またはPCR検査などを受けることになった場合は、学校へ連絡の上登校を控え、医療機関を受診してください。

 

 もう一つみなさんにお願いしたいことは、コロナに感染した人は、それだけで体も心も辛い状況にあります。ですから、感染した人を特定しようとしたり、差別やいじめの対象にしたりすることは絶対に無いようにしてください。

 

 逆に、このようなコロナ禍だからこそ、一致団結してこの困難を乗り越えていきたいと思います。これから、毎日の授業をはじめ、体育会や文化発表会などの行事、部活動もいろんな制約がある中で取り組んでいきます。各クラス、各部活がそれぞれ「スーパーチーム」となって、この2学期を充実させてくれることを願っています。

 

 以上で、2学期始業式の式辞とします。

 

 

コロナ禍の生活で、不自由ですが、前向きに一歩み出しましょう

 

 

1学期が終了 【学校行事】 2021-07-20 17:30 UP!

その一歩を踏み出せ
その一歩を踏み出せ
校歌 ~空は広がる~
校歌 ~空は広がる~
自分の命を守ること
自分の命を守ること
1学期最後の学活
1学期最後の学活

 1学期終了

7月20日。1学期の終業式がありました。山川校長から次のような式辞がありました。

 

4月の始業式。「その一歩を踏み出せ!」と言いましたが、皆さんは学習で、部活動で、友だち関係で一歩を踏み出すことができたか。

1学期は長いようで短く感じたのではないか。

そのような中で、南淡中生の素晴らしいところを3点見つけることができた。

 

1.挨拶が素晴らしい。

2.顔を上げて話を聞いている。

3.仲間を大切にしている。

 

これからもこのようであってほしい。

県大会に出場する部活動はもうひとがんばりしてほしい。

 

いよいよ夏休みに入る。昨年の夏休みは9日間。今年は2年ぶりに42日間の夏休み。その夏休みの過ごし方について3つ話をする。

 

1.東京オリンピック

  7月23日からオリンピック

  が始まる。画面越しに世界の

  一流のプレーを目に焼き付け

  てほしい。

  8月24日に始まるパラリンピ

  ックに本校出身の正木選手が

  出場する。ロンドンオリンピ

  ックで金、リオで銅を獲得。

  皆さん、応援してください。

2.プレー

  オリンピックの金メダリスト

  のエピソードがでる。そのエ

  ピソードからどんな練習をし

  てきたか等を知ることが、皆

  さんの今後のヒントになる。

3.夏休みの課題

  今年はできるだけ課題を少な

  くした。皆さんに遊んで欲し

  いのではなく、今までみたい

  にやらされた勉強ではなく、

  自分から勉強していく、所謂

  主体的に学ぶ勉強にかわりま

  した。勉強するなかで、わか

  らないところがあれば、先生

  にどんどん質問して欲しいと

  思います。

 

この夏は、これを頑張ったというものをひとつつくって欲しい。何年経っても覚えているような。「自律の夏」にしていこう。

withコロナ。健康と安全に気を付けて、2021の夏を自分で作り上げてください。

 

続いて、生徒指導の奈木先生から2つ話がありました。

 

《生活について》

・自分の命をしっかりと守る。

・生活のリズムを崩さない。

・三者懇談までに、家族とスマホ

 ルールについて話をしておく。

《体育会》

・昨年はデモストと吹奏楽のアト

 ラクションだった。

 今年度は昨年度にプラス走種目

 を考えている。

 学年演技、PTA種目はなし。

・9月11日(土)  9:00~12:00

 11:00~デモスト

※体育会については9月1日に案内を差し上げます。上記にある体育会の日程は現在の予定ですので、コロナ禍の感染状況等により急遽変更になることがあるかもしれません。どうかご了承ください。

 

●『南淡中学校だより 空は広がる』に総体の結果が掲載してあります。

●重要な連絡等がありましたら、あんしんネット等でご連絡差し上げます。

 

 

それではよい夏休みを!

 

 

 

部活壮行会1 
「最高の仲間と最幸の時間を」山川校長より
部活壮行会1 
「最高の仲間と最幸の時間を」山川校長より
部活壮行会2
各部のキャプテンからの決意表明
部活壮行会2
各部のキャプテンからの決意表明
部活壮行会3
各部のキャプテンからの決意表明
部活壮行会3
各部のキャプテンからの決意表明
佐藤先生から3年生に向けたエール
佐藤先生から3年生に向けたエール
部活参観1
部活参観1
部活参観2
部活参観2
部活懇談会
部活懇談会
PTA研修部による心肺蘇生法の研修会1
PTA研修部による心肺蘇生法の研修会1
PTA研修部による心肺蘇生法の研修会2
PTA研修部による心肺蘇生法の研修会2

 

1部活壮行会

 

 淡路総体が7月3日から始まります。3年生の生徒たちにとって、中学校生活最後の淡路総体。昨日、淡路総体に向け壮行会が行われました。「全国大会を目指す部、県大会出場を目指す部、今までやってきたことに対して悔いが残らない活動を目指す部」等各部のキャプテンが部員の代表として決意を述べました。 

     続いて山川校長からもエールとして、自分が中学生の頃、部活動で体験された思いを語られました。 

(1)準備(練習・体調)が最も大切

   「何の練習なのか考える」

   「当日までの体調管理を万全にする」

(2)最後まで全力

     どんな試合展開になるかわからない。

   強い相手であっても最後まで全力で

   戦う。

           もしも勝てそうな相手であっても全

     力で戦う。

     どのような相手であってもひるまず

     臆せず最後まで戦う  

     姿が後輩にとっての「かっこいい先

     輩」姿になる。

    それは自分自身の成長の証ともなる

    はずだ。

3)最高の仲間と最幸の時間を

     これから先、今のメンバーで試合

   をすることは ありません。練習も

   含めて、仲間と一緒に真剣にそし

   て、楽しく、試合(コンクール、

   公演等) 臨んでほしい。

 

南中生の活躍を応援しています。

 

2部活懇談会及び懇談会

 

昨日、部活参観及び懇談会が行われました。保護者の皆様にはお忙しい中、ご参加いただき、誠にありがとうございました。淡路総体に向けた応援等についても各部から説明が あったかと思います。特に3年生の保護者の皆様、時間が許す限り、お子様が活動する姿を応援してあげてください。お子様が照れて「試合を観に来るな」等、口でなんと言おうと、親が見に来てくれたことは、将来きっとお子様の思い出として心に残るはずです。また、お仕事等の関係で試合に応援行くことができないこともあるかと思います。その際は、お子様が試合等に出かける時に、「頑張って(顔晴って)おいで」とひと言ことばをかけて送り出してあげてください。お子様も頑張って(顔晴って)くると思います。

 

3PTA研修部「心肺蘇生法」研修会

 

部活参観が終了後、PTA研修部による「心肺

蘇生法」の研修会がありました。南あわじ広域

消防署職員の指導の下、研修部の方々がAED

使い方、胸骨圧迫等について研修されました。

胸骨圧迫のキーワード「強く・速く・絶え間な

です。

また、かつての心肺蘇生ではありませんでした

が、現在新型コロナウイルスが猛威を振るって

いる状況なので、コロナ禍での心肺蘇生法の留

意点も新たに教わりました。

日常生活に於いて、私たちはいつ心肺蘇生が必

要な場面に遭遇することがあるかもしれません。

そのとき、このような研修(訓練)を数多く経

験をしておくことが人の命を救うことに繋がり

ます。今後、このような機会を設けていきたい

と思います。 

最後になりましたが、PTA研修部のみなさん、

研修にご参加いただきありがとうございました。

6月の全校集会 【学校行事】 2021-06-16 20:10 UP!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 6月の全校集会

 

本日、6月の全校集会がありました。山川校長から次のような内容の話がありました。

 

2年前、南あわじ市の防災ジュニアリーダーと一緒に東北ボランティアに参加した。その際、元中学校教員で東日本大震災でご自身が被災した体験を語り部として活動されている佐藤敏郎さんと出会い、佐藤さんのことば、考え方等に心を動かされた。

佐藤さんは大川小学校に通っていた6年生の次女を津波で亡くされたそうで、どうして助けられなかったのか、今でも自問自答しておられる。佐藤さんは、「今、自分にできることは、少しでも多くの方に防災に関する意識を高めてもらうために、後生の人たちに教訓を伝えいかすことだ。」と語り部として活動されている。

 

丁度2年前、南あわじ市の防災ジュニアリーダーとして本校2年生の天野さん、尾上さん、田村さんも東北で佐藤さんの話を聞いたり、被災地を視察したりしていた。この3名の生徒たちは被災地を目の当たりにして、そのとき(小6)に次のような感想を持ったそうだ。その感想を全校生に伝えた。

 

・天野「大川小学校が印象に残っている。マニュアル通りに逃げたのに命を落とした人がたくさんいる。だから、もし大地震が起こっても、予想を信じすぎず、もっと安全な場所に逃げるよう声を出し、命をたくさん救っていきたいと思った。 」

 

・尾上「地震の悲惨さと悲しさを改めて知った。あおい地区の人々の絆の強さを知ることができた。」

 

・田村「被災地に行けたことで地震の怖さを知り、生きていくことの大切さを 知ることができた。」

 

佐藤さんのことば

●大切なのは判断行動

●防災とはみんなで助かる未来を想像すること 

 

東日本大震災を体験した中学生の俳句

「逢いたくて でも会えなくて 逢いたくて」

「ありがとう 今度は私が頑張るね」

「戻ってこい 秋刀魚の背中に乗ってこい」

 

最後に山川校長が、「今年から、1、17(阪神淡路大震災)の17をとって、『毎月17日を南淡中学校の安全・防災の日』とし、みんなで防災を考えていこう」とことばを投げかけました。

 

生徒指導の先生から交通についてのような話がありました。

4月から事故が数件ありました。先日も大きな事故がありました。何より命に別状がなかったことが本当によかったです。

警察の方がおしゃっていました。「たまたま命が助かったわけではない。あるものをしっかりと身につけていたから命が守られた」と。

それはヘルメットを正しく身につけていた、顎紐をしっかりととめられていたから、命が守られた。」と。

皆さんも自分の命を守る行動をとってください

また、横断歩道や通学路を通ることも命を守ることになります。安全に配慮されているのが通学路となっています。車の運転手は特に横断歩道を気にして運転しています。横断歩道を渡ることが自分の命を守ることに繋がります。

ルールは命を守るための知恵であり、皆さんを苦しめるものではないのです。もし、友だちが交通ルールを守っていなかったら、注意し合ってください。それが友だちの命を守ることになるのです

皆さんに命を守ってもらいたい、大切にして貰いたいということをわかって貰うために、私たち教師は口うるさく言います。みんなで命を守りましょう。

 

本日、そして来週も期末考査があります。全校生が一斉に下校します。スピードを出しすぎず、横並びにならず、お互いに命を守りながら登下校していきましょう。

 

命の大切さを再認識させられる全校集会でした。

よろしければ、今日の全校集会の内容についてご家庭でもお子様とお話をしてみてください。

 

 

 

 

教育実習が始まっています 【学校行事】 2021-06-09 19:40 UP!

教育自習生の鈴木先生です。実習生一人ですが、頑張れ!
教育自習生の鈴木先生です。実習生一人ですが、頑張れ!
授業風景1
授業風景1
授業風景2
授業風景2
授業風景3
授業風景3
南あわじ市の事業である「おもいやりポイント」のボランティアで本校にもボランティアの方が1名来てくださっています。その方のお陰で校門に綺麗な花が咲いています。
南あわじ市の事業である「おもいやりポイント」のボランティアで本校にもボランティアの方が1名来てくださっています。その方のお陰で校門に綺麗な花が咲いています。

 教育実習が始まっています

 

 

5月31日(月)~6月18日(金)迄の3週間、本校卒業生の鈴木先生が教育実習を行います。実習が始まって1週間が経ちました。少し実習に慣れてきたように思います。教科は1年生の社会科で、1年3組の学級で担任としての経験を積んでいます。また、部活動は女子バスケットボールで指導の仕方を学んでいます。

数年前は中学生として南淡中学校で生活をしていましたが、この3週間は教師として南淡中学校で生活することになります。教育現場の最前線で人を育てることの大切さを学んで実習を終えて欲しいと願っています。

今から授業や学級担任を任されることが多くなるかと思います。若さを活かし元気にそして生徒たちに夢と希望を与えてください。

 

 

 

 

 

 

 

1年団 『学び合い』 オリエンテーションの様子 【学校行事】 2021-05-26 19:00 UP!

4月8日。令和3年度第41期生の入学式です。入学してからやは1ヵ月半が過ぎました。1年生も中学校生活に慣れてきています。だからこそ、初心に返りましょう。
4月8日。令和3年度第41期生の入学式です。入学してからやは1ヵ月半が過ぎました。1年生も中学校生活に慣れてきています。だからこそ、初心に返りましょう。
4月21日。授業参観の様子です。(1組)
4月21日。授業参観の様子です。(1組)
4月21日。授業参観の様子です。(2組)
4月21日。授業参観の様子です。(2組)
4月21日。授業参観の様子です。(3組)
4月21日。授業参観の様子です。(3組)
4月23日。1年生を対象とした交通安全教室。3年間大きな事故に遭うことなく登下校してください。
4月23日。1年生を対象とした交通安全教室。3年間大きな事故に遭うことなく登下校してください。
4月23日。自身の自転車の運転技術に過信することなく、余裕を持ち、ルールを守って登下校しましょう。
4月23日。自身の自転車の運転技術に過信することなく、余裕を持ち、ルールを守って登下校しましょう。
5月26日。『学び合い』の考え方を取り入れた授業についてのオリエンテェーションの様子。
5月26日。『学び合い』の考え方を取り入れた授業についてのオリエンテェーションの様子。
5月26日。『学び合い』の考え方を取り入れた授業についてのオリエンテェーションの様子。
5月26日。『学び合い』の考え方を取り入れた授業についてのオリエンテェーションの様子。
5月26日。『学び合い』の考え方を取り入れた授業についてのオリエンテェーションの様子。
5月26日。『学び合い』の考え方を取り入れた授業についてのオリエンテェーションの様子。

 1年団『学び合い』のオリエンテーションを実施

 

本日、1校時体育館で1年団が『学び合い』のオリエンテェーションを実施しました。本校では2年前から信州大学教育学部教授 三崎 隆 氏を師事とし『学び合い』の考え方を取り入れた授業改革に取り組んでいます。

 

20年後を担う子どもたちに必要な能力

 

●前に踏み出す力(アクション)

  一歩前に踏みだし、失敗しても粘り強く

  取り組む力

●考え抜く力(シンキング)

  疑問を持ち、考え抜く力

●チームで働く力(チームワーク)

  多様な人々とともに、目標に向かって

  協力する力

 

上記の3つの力を身につけさせるため「みんなができるために、みんなで助け合う授業」という『学び合い』の考え方のもと、授業をしていくためのオリエンテェーションでした。

 

 

 

6月の行事予定 【学校行事】 2021-05-14 18:00 UP!

 

 6月の行事予定

 

 1日(火)尿検査2次提出

      PTA愛護委員会 19:00

 2日(水)尿検査2次提出

      ノー部活

 3日(木)PTA広報委員会 19:00

 6日(日)ノー部活

      淡路地区高等学校説明会

      (於)湊地区公民館 13:00

 7日(月)生徒会専門委員会

      SC、SSW出勤日

 8日(火)生徒会中央委員会

 9日(水)内科検診(2年)

      学校評議員会16:00

      灘地区懇談会19:00 

      ノー部活

10日(木)耳鼻科検診

12日(土)南あわじ市中学校総合

      体育大会

13日(日)南あわじ市中学校総合

      体育大会予備日

      ノー部活

14日(月)SC、SSW勤務日

16日(水)全校集会

      職員会議

      ノー部活

17日(木)南淡ブロック交流会

18日(金)PTA自転車点検 9:00

      教育実習最終日(5月31日~)

20日(日)ノー部活

21日(月)ノー部活

      SC、SSW出勤日

22日(火)ノー部活

23日(水)期末考査①

      ノー部活

24日(木)期末考査②

      ノー部活

25日(金)期末考査③

      薬物乱用防止教室

      部活参観(午後)

      PTA救命法講習会

27日(日)ノー部活

28日(月)SSW出勤日

30日(水)歯科検診

      ノー部活

 

コロナ禍によりやむを得ず行事の変更等をする場合がございます。もし変更等がございましたら、ご連絡させていただきます。ご理解、ご協力ください。         

5月の全校集会 【学校行事】 2021-05-12 12:35 UP!

5月の全校集会
5月の全校集会
山川校長より
山川校長より
各委員会からの目標・報告
各委員会からの目標・報告
LSBより
LSBより
伝達表彰
伝達表彰
生徒指導部 林先生より
生徒指導部 林先生より

 5月の全校集会

 

山川校長より

・4月から授業を観て回っている。授業の活動はOKです。時間を有効に使うためにも授業で学んだことはその場でしっかりと覚えて欲しい。

・スウェーデンの医者が書いた『スマホ脳』という本を読んでいる。脳にスマホが刺さっている(本の表紙に)。

スマホ等は大変便利で生活に欠かせないものになっているが、反面SNSのトラブルが多発しているのも事実である。

脳は命に関わることに反応しよく覚える。

楽しいことや好きなこともすぐに覚えられる。

スマホ等は皆さんがスマホ等を見たくなるよう脳を刺激する。その刺激によりスマホ等を見る時間が増える。当然画面を見る時間も増える。

スマホ等の画面を見過ぎると充分に睡眠がとれなくなる。集中力を奪われることも多々ある。

人の脳は友だちに自分の思いを伝えたり、説明することで色々なことを覚えていく。そして、充分な睡眠をとることで記憶が高まる。 

来週は中間考査がある。1年生にとって中学校生活初の定期考査。スマホに脳が乗っ取られないよう、集中力を奪われないよう、勉強するときは別の部屋にスマホを置いて集中力を高めよう。(中学生の脳はまだ未完成なのでスマホ等は上手に活用しましょう)

 

林先生より

・最近休み時間に廊下を走ったり、大きな声を出したりする生徒が少なくなった。これからも継続して欲しい。

・下足箱の使い方について。しっかり簀の子と土間の境目を意識していこう。

・登下校のマナーについて。地域の方が本校の生徒を応援してくれている。「自転車のスピードがでていて危ないから生徒に言ってあげて」とか「登校時間帯より遅く登校していると、今、○○付近を登校しているけど、しんどそうやで」とか。

みんなが地域の人に挨拶をよくするから、地域の方も応えてくれている。これからも地域の方と繋がりを持って生活していこう。

・目標を決めよう。目標を決めたら、具体的にどうするか考えよう。

 目標を持つことが大切。色々な書いた著書にでてくることば

 「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格がかわる 人格が変われば運命が変わる

 

まずはしっかりと目標を決め、達成のために頑張る心をつくりましょう。その1歩を踏みだそう。

 

 

淡路中学校卓球選手権大会の結果

 3年女子シングルス 優 勝 山口選手

  2年女子シングルス 優 勝 庄田選手

  3年女子団体戦   準優勝

 

おめでとうございます。夏の総体でも頑張ってください。

 

※お子様との会話材料の一つとして参考にしていただければ幸いです。