2学期はじめの教室1 【学校便り】 2021-09-09 14:01 UP!

1年生 タブレットの使い方
1年生 タブレットの使い方
2年1組 夏の思い出発表
2年1組 夏の思い出発表
2年2組 夏の思い出発表
2年2組 夏の思い出発表
3年1組 みんなを勇気づけるメッセージづくり
3年1組 みんなを勇気づけるメッセージづくり

2学期がスタートして1週間が過ぎました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため緊急事態宣言がだされ制限のある中での学校生活ですが、子どもたちは工夫して学習したり遊んだりしています。子どもたちの元気な声や笑い声に、私たち教職員が勇気づけられています。教室を覗いてみると、各教科の学び合いや朝のスピーチの資料共有などに、新しく導入された大型電子黒板が大活躍しています。「工夫して前進」を合言葉に、子どもたちと先生方が協力して教育活動を進めています。何よりも、健康と安全に気をつけて、実りのある秋にしていきます。

秋の気配 【学校便り】 2021-09-09 12:53 UP!

 
 
 

9月8日(水)

 

2学期最初の委員会活動が行われました。美化委員会の人たちが、東館1階の掲示板を秋バージョンにしてくれていました。子どもたちの手によって、あっという間に秋の生き物や美味しい果物いっぱいの掲示板になりました。休み時間になると、低学年の子どもたちが虫とり網をもって運動場に走っていきます。まだまだ残暑が厳しいですが、風や光だけでなく、福良っ子の姿に秋の気配を感じる今日この頃です。

 

2学期始業式 【学校便り】 2021-09-02 10:32 UP!

オンライン始業式
オンライン始業式
校歌斉唱
校歌斉唱
感染予防と心のケアの話
感染予防と心のケアの話

 

9月1日(水)

 

 

子どもたちの元気な声が学校にもどってきました。2学期の始業式は、Zoomを使って行いました。式が始まる前に2名の転入生を紹介すると、画面越しに子どもたちが拍手で歓迎してくれている様子が伝わってきて転入生の2人も嬉しそうでした。校長講話では、学校目標の言葉「ふれあいと学びあいのあふれる学校」やパラリンピックにふれ、コロナ禍で制限のある学校生活の中だからこそ感染予防を徹底して、みんなで知恵を出し合いお互いに心のふれあいと学びあいを大事にしていこうという話をしました。また、式後には、養護教諭から感染予防と心のケアについて話がありました。今まで経験したことのない状況の中、大人も子どもも知らないうちにストレスを感じています。養護教諭がイラストを提示しながら、具体的な対処法をわかりやすく子どもたちに伝えてくれました。その内容は「ほけんだより」に掲載されていますので、ご家庭でお子様を囲んで心のケアについてお話しください。2学期も、子どもたちの健康と安全を第一考えながら、「工夫して前進」を合い言葉に教育活動を進めてまいります。引き続き、ご支援よろしくお願いします。

 

「一日も早い感染収束に向けて」 【学校便り】 2021-08-03 16:00 UP!

 標記の件について、兵庫県知事よりメッセージが届いておりますのでご確認ください。

 
 
 

8月2日(月)

今年度の東日本大震災の被災地訪問は、コロナ禍のため市内小中学校の教職員と市教育委員会事務局の方が参加しています。今日は東北防災教育オンライン研修が実施され、本校からは児童を代表して6年生4名がオンライン研修(午前の部)に参加しました。このオンライン研修は大川小学校跡地から配信され、語り部の佐藤敏郎さんが震災の時の様子を自分の体験を交えてお話をしてくださいました。子どもたちは画面に映る大川小学校跡の様子を食い入るように見ていました。佐藤さんの「命を救うのは、判断と行動だ」という言葉はきっと一人一人の心に届いたと思います。今度は、子どもたちがこの体験を周りの人へ伝えていく番です。

 

「第5波の拡大絶対させない!」 【学校便り】 2021-07-30 17:45 UP!

 標記の件について、兵庫県知事よりメッセージが届いておりますのでご確認ください。

1学期終業式 【学校便り】 2021-07-20 17:43 UP!

 
 
 
 

7月20日(火)

 

本日、1学期の終業式を行いました。子どもたちは少し緊張した様子で式が始まりました。子どもたちには、特に1学期の印象深い学習の様子を紹介した後、もうすぐ開かれるオリンピック・パラリンピックの「五輪マーク」の意味について問いかけてみました。このマークにはいろいろな意味がありますが、その一つの「世界の5大陸の友愛と親交を象徴し、世界の頭文字であるWを形取った」ものであることを紹介し、ぜひ選手を応援するときにはその選手のことや出身国についても調べてみてほしいと伝えました。コロナ禍で制限の多い中においても、ひたすら競技に打ち込む選手の姿から子どもたちは多くを学び感じ取ることと思います。

式後、保健・給食委員会の人たちが「夏休みのくらしクイズ」をしたり生徒指導担当の先生が「福良っ子のきまり できたかなチェック」をしたりして、みんなで夏休みの生活について再度確認しました。日に日に、暑さが厳しくなってきます。子どもたちにとって、健康で思い出多い夏休みになることを願っています。

着衣水泳 【学校便り】 2021-07-19 10:38 UP!

 
 
 

 

 

先週より、着衣水泳を学級毎に行っています。7月16日(金)は、4年生が着衣水泳を実施しました。子どもたちは、水着の上から服を着て靴を履いた後、おそるおそる水に中に入りました。水の中で、子どもたちは「服が重い」「靴が邪魔で泳げない」「クロールができない」などと感想を言い合っていました。この後、どのようにしたら長く浮くことができるか、溺れている人を見つけたらどのような行動をとるか等について体験を通して学びました。

 

 今回は水難防止にかかる学習でしたが、夏休みを前に各学級で熱中症や感染症予防対策についても話をしていきます。オリンピックイヤーの夏、子どもたちにとって思い出多い夏休みになることを願います。

 

児童会からの募金呼びかけ 【学校便り】 2021-07-16 09:56 UP!

 
 
 

熱海土砂災害への募金お願い(7月14日~8月4日)

 

児童会代表を中心に、6年生が熱海土砂災害への募金活動を行っています。以前、本校の卒業生が東北ボランティア研修に参加した後、地域で開催された防災フォーラム等で体験報告会と募金活動をしました。先輩たちの実践から、自分たちでできることとしてポスターや協力よびかけ動画作成を計画し、市内の学校や身近な人へ協力を呼びかけています。早速、朝早くから1年生の子たちが募金を持ってきてくれました。一人一人、ドキドキしながら募金をしてくれました。ありがとうございます。集まった募金は、日本赤十字社へ届ける予定です。

こころのサポート授業 【学校便り】 2021-07-15 18:14 UP!

 
 
 

7月15日(木)

スクールカウンセラーによる「こころのサポート授業」が6年生の教室で行われました。これは、コロナ禍においての子どもたちのためのストレスマネジメントの授業です。子どもたちはピンチになった時の気持ちや感情を考えたり、落ち着くための呼吸法を体験したりしました。

また、「コロナウィルス3つの顔」として、病気・不安・差別についてがそれぞれがつながっていることを知り、応援や思いやりがウィルスをやっつけることを確認しました。自分のこころと体に意識を向ける良い機会となりました。