1/17 阪神淡路大震災 【校長室より】 2019-01-17 16:17 UP!

写真提供:神戸市(フリー画像素材です)
写真提供:神戸市(フリー画像素材です)

 24年前の今日、午前5時46分に淡路島北部を震源とする大地震が起きました。私は、24年前とは思えないほどはっきりとその時のことを覚えています。揺れた直後、二人の子どもに妻と二人でそれぞれに覆い被さって落下物から身を守ったこと。なかなか地震の揺れが収まらなかったこと。当時勤めていた洲本の学校に行く途中、橋が落ちていたり家が崩れていたり。時間が経ってくると、神戸の街から何本も黒い煙が上がっていたテレビの映像に釘付けになったこと。これらが、ついこの間のようにも思いますが、みなさんはいかがでしょうか。

 この阪神淡路大震災により多くの尊い命が奪われ、多くの方が避難生活を送りました。その後、たくさんの方の支えがあり、神戸や淡路の復興がなされてきていますが、反面で震災の風化も言われています。

 しかし、阪神淡路大震災の後も東北や熊本での地震、各地で起こった風水害など最近も多くの災害が起こっています。また、南海トラフによる地震も危険度がますます高くなっている状況でもありますので、震災の風化などと言っている場合ではないと思っています。

 このような状況の中、子どもたちが自分で自分の身を守るための防災教育を学校でしっかりと行っていきたいと考えています。もちろん学校だけでは、十分ではありません。1.17の機会にお子さんと阪神淡路大震災の時のことを話していただいたり、災害が起こったときにどのような行動をとれば良いのか、自分の家の防災グッズはどうなっているのか、外出していた場合に集合場所はどこにするのか、などを話し合っていただきたいと思います。

 子どもたちの命を守るために、ご家族の安全・安心のためにぜひお願いします。